世の中の夜勤者を全面的に応援するブログ!

意志力って知ってる?知っておくと自分をコントロールしやすくなるよ!

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
交替勤務12年以上の30代男。娘と息子の2児の父。 生活習慣を改善するために色々な本を読んだりしているうちに、普通の人に比べて夜勤者には習慣づけがむずかしいことを知る。 交替勤務を通して夜勤を行い、試行錯誤して良い習慣を身に付けるために奮闘中。 夜勤者目線での生活の工夫、学習法、読書法、健康法、筋トレなどについて語りたがっている。

どうも、夜勤者のyakiです。

いきなり本題に入りますが、意志力とは「やる力」「やらない力」「望む力」を総じたものことで、簡単に言うと自分が望んだように選択していくための力のことを指します。

しかし、人間が持つこの能力は、選択をするたびに消費されていき、一日が終わる頃にはそのほとんどを使い果たしてしまうという特性があります。

そうして意志力を使い果たした状態になると何が起こるのかというと、誘惑に負けやすくなり、自己コントロール力が弱体化してしまうんです。

そして起こるのが、「【やる気】に頼ると必ず失敗する?良い習慣が続かなくなる負のサイクルとは?」でも取り上げた、悪い習慣がさらに悪い習慣を生んでしまう「負のサイクル」です。

ただ、意志力の持つ特性を知っておくと、自己コントロール力をうまく使って、負のサイクルを避け、良い習慣を身につけたり、やるべきことを先延ばしせずにできるようになります。

そんなわけで今回は、「意志力がないと良い習慣を身につけるのは難しい理由」と「自己コントロール力を上げる意志力活用法とは?」についてお話します。

 

意志力がないと良い習慣を身につけるのは難しい理由

人間は毎日、何かしらの選択をして生きています。

食べるものであったり、やるべきことであったり、仕事の取り組み方だったり、通勤方法だったり、買い物する日用品だったり。

それぞれにある数多くの選択肢の中から自分にとってより良い選択をすること。その上で欠かせないものであり、人間を人間たらしめている能力の1つが「意志力」です。

ただし、意志力の保有量はある程度決まっているとされていて、一日を通して何かを選択するたびに減少していきます。

そうやって選択を繰り返し、意志力が残り少なくなってくると、「より良い選択」ができる可能性が低くなってしまうんです。

仕事を終えてヘトヘトになりながら家に帰りついた後、「それじゃあ頑張って勉強しようか!」「運動して身体を鍛えよう!」ということにならないのも、これが関係しています。

大抵の場合が仕事のストレスを解消しようとして、お酒を飲んだり、バラエティ番組を見たり、ゲームしたりなど、いつもやっている習慣に走ることになるんです。

つまり、意志力が残り少ないと、いつもと違うことを行うのが難しくなり、ほとんど無意識にいつも通りの習慣を行ってしまうということですね。

もっと簡単に言うと、いつも通りの習慣という「誘惑に負けやすくなる」ということです。

この際の「いつも通りの習慣」が健康にとって良いことだったり、スキルアップにつながるなどの良い習慣であれば問題ありません。

しかし、健康を損ねたり、ストレスを余計に抱えたり、睡眠不足を招いて疲れを増すような悪い習慣であった場合は大問題となります。

それでは、こうした状況を避けるためにはどうすればいいのか?

ここで言えるのは、意志力が十分にあるうちに良い習慣づくりを進めた方が良いということです。

 

自己コントロール力を上げる意志力の活用法とは?

意志力は選択を重ねるたびに失われていき、枯渇すると新しいことを始めることが難しくなります。

そして、意志力の減少する度合いは、重要で大きな選択であったり、難しい課題であったり、普段やり慣れていないことほど、減少量も大きくなるということがわかっています。

つまり、選択を繰り返して意志力の残量が少ない状態だと、新しく何かを始めることは難しいということです。

たとえば、忙しかった仕事終わり、慣れない人間関係に気を使ったあと、緊急事態にさらされて消耗したあとなど、まわりに気をつかって消耗したあとだと、やる気が出ないという状態になってしまいますよね。

それでは、自分にとって良いことを新しく始めるにはどうすればいいのか?

それは、意志力が充分にある状態である「午前中」に、自分が身につけたいことを実践すればいいんです。

意志力は充分な睡眠をとった後に回復することから、自己コントロール力を上げられる時間帯である「午前中」をうまく活用していきましょう。

意志力が充分にあれば新しいことにもチャレンジしやすく、やりたかったことを行った事実によって、自分をコントロールできている感覚を得ることができます。

できれば早起きして、朝の1時間を「自分だけの自由時間」として使うと、一日がとても有意義に過ごせるようになります。

夜勤中であれば、家族のいない時間帯に起きて時間を作ると良いですね。

僕は交替勤務ですが、夜勤の場合は深夜0時から始まるので、子供たちを寝かしつけたあと、出勤までの時間を自分だけの時間にしています。

また、日勤や休日の場合は、早朝5~6時くらいに起きて時間をつくるなど、勤務形態によって切り替えています。

 

まとめ

何か新しいことを始めようとしたとき、なかなか習慣にならずに苦労することは多いものです。

そうした時に「意志力」の概念を知っておくと、自分が本当にやりたいことはできるだけ一日の早い段階に予定しておいた方が良いことがわかります。

良い習慣を身につけたいと考えたなら、早起きして自分の時間を作ることを考えていきましょう。

 

ただ、そもそも早起き自体が難しかったり、午前中が一番忙しいといった場合もあると思います。

そんな時には、いつも行っている行動をトリガーとして良い習慣に結びつけるテクニックが役立ちます。

その方法については、別記事「条件反射的に良い習慣を強制する【if-thenプランニング】を使うと人生が変わるかも!」をチェックしてみてくださいね。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
交替勤務12年以上の30代男。娘と息子の2児の父。 生活習慣を改善するために色々な本を読んだりしているうちに、普通の人に比べて夜勤者には習慣づけがむずかしいことを知る。 交替勤務を通して夜勤を行い、試行錯誤して良い習慣を身に付けるために奮闘中。 夜勤者目線での生活の工夫、学習法、読書法、健康法、筋トレなどについて語りたがっている。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 夜勤者に普通はむずかしい , 2019 All Rights Reserved.