世の中の夜勤者を全面的に応援するブログ!

夜勤前にお風呂に入るならシャワーだけにした方が良い理由

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
交替勤務12年以上の30代男。娘と息子の2児の父。 生活習慣を改善するために色々な本を読んだりしているうちに、普通の人に比べて夜勤者には習慣づけがむずかしいことを知る。 交替勤務を通して夜勤を行い、試行錯誤して良い習慣を身に付けるために奮闘中。 夜勤者目線での生活の工夫、学習法、読書法、健康法、筋トレなどについて語りたがっている。

どうも、夜勤者のyakiです。

夜勤中の過ごし方は人それぞれですが、お風呂に入るタイミングって迷いませんか?

夜勤が終わって帰宅後に入ったり、就寝後に目が覚めてから入ったり、家族に合わせて夜に入ったり、夜勤が始まる前に入ったりなど、タイミングはそれぞれですよね。

ただ、夜勤中の疲労感やモチベーションを考えると、「夜勤前」にお風呂に入る場合には、湯船につからず、シャワーだけにした方が良いかもしれません。

そんなわけで今回は、夜勤前にはシャワーだけにしておいた方が良い理由についてお話します。

 

夜勤前にはシャワーだけにした方が良い理由

夜勤前にお風呂にはシャワーだけにしておいた方が良いというのには、自律神経の働きが関わっています。

自律神経には交感神経と副交感神経の2種類あり、簡単に説明すると以下のようになります。

 

  • 交感神経

心身のアクセル役。身体を活動的にして、脳の思考力や運動機能を発揮しやすい状態にしてくれる。

  • 副交感神経

心身のブレーキ役。身体をリラックスさせて、回復させたり免疫機能を働きやすい状態にしてくれる。

 

これらの自律神経の働きは心身の状態とも連動しているため、お風呂の入り方によってもある程度コントロールすることができるんです。

そのことを踏まえて、夜勤前にお風呂に入りたいと思うのなら「シャワー」だけにした方が、心身のアクセル役である交感神経が働いて仕事をする上でパフォーマンスを発揮しやすいと言えます。

さらに、交感神経が働くと身体が活動的になることから、夜勤の大敵である「眠気」を感じにくくしてくれます。

つまり、夜勤を少しでも快適に乗り切りたいと考えるなら、夜勤前にはシャワーだけにしておいた方がベターということですね。

 

夜勤後ならゆっくり浴槽に入った方が良さそう

前述したように「夜勤前」であれば、シャワーだけにしておいた方が心身ともに仕事に適した状態にしやすいと言えます。

しかし、「夜勤後」にお風呂に入るのであれば、浴槽にしっかりと浸かった方が疲労を取り除きやすくなるんです。

それは、ゆったりと浴槽に浸かってリラックスした状態になると、心身のブレーキ役である副交感神経が活性化するからです。副交感神経が活性化すると、筋肉の緊張が緩和して血流が良くなり、細胞への栄養補給や疲労物質の排出などが行われます。

そのことから、夜勤の疲れを回復させたい場合には、ゆっくりとお風呂に入ることをオススメします。

詳しくは、以下の記事でまとめていますので参考にしてくださいね。

夜勤の疲労回復にはぬるめのお風呂が良い理由

 

まとめ

夜勤前にお風呂に入りたい場合、湯船にしっかり浸かるよりは、シャワーをサッと浴びた方がメリットが多いです。シャワーだけにしておくと、頭をスッキリする上、身体の動きも良くなります。

しかし、湯船でゆったりしてしまうと眠気が強くなる場合もあるので、夜勤前にはあまりオススメできません。

お風呂の入り方だけでも夜勤中のモチベーションが変わってきますので、ぜひ使い分けてみてくださいね。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
交替勤務12年以上の30代男。娘と息子の2児の父。 生活習慣を改善するために色々な本を読んだりしているうちに、普通の人に比べて夜勤者には習慣づけがむずかしいことを知る。 交替勤務を通して夜勤を行い、試行錯誤して良い習慣を身に付けるために奮闘中。 夜勤者目線での生活の工夫、学習法、読書法、健康法、筋トレなどについて語りたがっている。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 夜勤者に普通はむずかしい , 2019 All Rights Reserved.