世の中の夜勤者を全面的に応援するブログ!

夜勤前に寝ないのはアリ?いっそ徹夜気分で乗り切るという考え方もいいかも

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
交替勤務12年以上の30代男。娘と息子の2児の父。 生活習慣を改善するために色々な本を読んだりしているうちに、普通の人に比べて夜勤者には習慣づけがむずかしいことを知る。 交替勤務を通して夜勤を行い、試行錯誤して良い習慣を身に付けるために奮闘中。 夜勤者目線での生活の工夫、学習法、読書法、健康法、筋トレなどについて語りたがっている。

どうも、夜勤者のyakiです。

仕事があるから寝ないといけない気もするけど、自由にできる時間も欲しい。

眠いような気もするけど、前日に日勤と同じような生活をしたことから、まだ本格的な眠気がない感じもする。

ベッドの上でだらだら過ごしても寝れる気がしない。

前日が休みだったり、日勤だったりした時、その夜から始まる「夜勤前」って寝るべきかどうか迷う時ってありませんか?

三交替制を通して夜勤を12年以上つづけている僕ですが、今の会社に入社したばかりの頃は夜勤をしたことがなかったことから、手探り状態で色々と試してきました。

そして現時点において、その日の夜から夜勤が始まる際の夜勤前は寝ないで過ごし、夜勤は徹夜と同じ感覚で乗り切る、という方法に落ち着いています。

そんなわけで今回は、「夜勤が始まる初日に寝ないことのメリット」と「夜勤初日を徹夜気分で乗り切る際の注意点」についてお話します。

 

夜勤が始まる日には寝ないことのメリット

「夜勤が始まる日には寝ないで過ごす」

一見すると無茶な気がしますが、僕の体験からすると意外と乗り切れると感じています。

その理由については以下の3つになります。

 

夜勤前が休日のように過ごせる

当たり前のことですが、夜勤前に寝ないことによって自由な時間ができます。

夜勤中は眠れるか眠れないかモヤモヤしたままベッドの上などで過ごすことも多いもの。しかし、あえて夜勤が始まる日は寝ないで過ごそうと割り切ることで生まれる時間があるんです。

僕の場合はせっかくなので、「休日と同じように過ごす」ようにしています。朝起きて、日中に遊んで、夜に入浴する、など通常の生活サイクルそのものです。

油断するとお酒を飲んでしまいそうになることには注意が必要ですね。

 

徹夜ハイ状態で乗り切れることが多い

夜勤前に寝ておかないと不安になる気持ちもありますが、いざ仕事が始まるとスイッチが切り替わる瞬間があります。

スポーツなどではランナーズハイやクライマーズハイなどの言葉がありますが、いわば「徹夜ハイ」のような感覚です。そうなるとテンションが上がってきて、眠気が遠のくという体験をしています。

この状態になると夜勤前に寝ていなかったのが嘘のように、身体が動くようになります。ある意味では精神的におかしくなっている可能性は否めませんが…

しかし、こうして夜勤初日を乗り切ると、翌日からの生活が楽になります。

 

夜勤2日目以降の睡眠が安定しやすい

夜勤初日を夜勤ハイ状態で乗り切ることができると、仕事終わりから帰宅時間までに感じる急激な眠気によって寝つきが良くなります。

そうして日中に眠るタイミングをとれることによって、2日目以降の睡眠のタイミングも掴みやすくなるんです。

人間の体内時計はそう簡単にコントロールできないものですが、多少ムリにでも眠気を作れるようにすると、交替勤務による夜勤生活が安定するように思います。

やはり十分に眠れていると身も心も軽くなって、仕事も楽にこなせるようになりますね。

 

夜勤初日を徹夜気分で乗り切る際の注意点

夜勤初日を徹夜のように過ごすためには、そのための準備をしておく必要があります。

それは、夜勤がある日の前日には、日勤のような生活を送ってしっかりと睡眠をとっておくことです。

僕の場合は前日の夜23:00くらいに寝て、当日の7:00くらいに起きる感じで、大体7~8時間は寝るようにしています。そして、まだ眠気があるようなら、状況によって1時間ほど昼寝する場合もあります。また、前日に運動や趣味などでストレスを発散しておき、精神的にも余裕を持たせるように気をつけています。

しっかりとした睡眠時間の確保とストレス対策。

こうした準備をしておくことで、夜勤初日を徹夜気分で乗り切る際の負担を少なくできていると感じます。

睡眠方法やストレス対策については、以下の記事もまとめていますので参考にしてみてくださいね。

夜勤の睡眠のとり方ではまず耳栓とアイマスクを準備してみよう

夜勤のストレスはこれで解消!負担が少ない簡単な方法をまとめた

 

まとめ

夜勤前を寝ないで過ごし、いっそのこと徹夜気分で乗り切る。

今回紹介した方法は、僕が交替勤務の体験を通して、自分自身の生活スタイルに合わせて身につけた方法です。

一般的な方法とは言えませんし、万人に合う方法だとは言えません。

ただ、こうやって夜勤を乗り切る方法もあるのだという1つのケースとして、夜勤を乗り切る際の参考にしてもらえると幸いです。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
交替勤務12年以上の30代男。娘と息子の2児の父。 生活習慣を改善するために色々な本を読んだりしているうちに、普通の人に比べて夜勤者には習慣づけがむずかしいことを知る。 交替勤務を通して夜勤を行い、試行錯誤して良い習慣を身に付けるために奮闘中。 夜勤者目線での生活の工夫、学習法、読書法、健康法、筋トレなどについて語りたがっている。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 夜勤者に普通はむずかしい , 2019 All Rights Reserved.