世の中の夜勤者を全面的に応援するブログ!

観葉植物を置くだけでストレス減少?育てやすい観葉植物を紹介したい

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
交替勤務12年以上の30代男。娘と息子の2児の父。 生活習慣を改善するために色々な本を読んだりしているうちに、普通の人に比べて夜勤者には習慣づけがむずかしいことを知る。 交替勤務を通して夜勤を行い、試行錯誤して良い習慣を身に付けるために奮闘中。 夜勤者目線での生活の工夫、学習法、読書法、健康法、筋トレなどについて語りたがっている。

どうも、夜勤者のyakiです。

前回の記事「運動と日光浴と森林浴を同時に!グリーンエクササイズで心身を鍛え直す」では、運動、日光浴、森林浴を同時に受けられるグリーンエクササイズについて紹介しました。

自然の中に身をおくことは、免疫力アップ、メンタル改善などさまざまな効果があることから、ぜひオススメしたい方法の1つです。

ただ、もともと運動習慣がある場合をのぞいては、いきなり自然のある場所に行ってさらに運動するなんて難しいですよね。

そこで、手始めに行う簡単な方法として、「観葉植物」を部屋におくのも良いですね。

そんなわけで今回は、「部屋に観葉植物を置くだけでストレスが下がる?」と「面倒くさがりでも育てやすい観葉植物を1つあげるなら?」についてお話します。

 

部屋に観葉植物を置くだけでストレスが下がる?

仕事、人間関係、トラブル、毎日の生活の中で感じるストレスは、上手に発散していかないと心と身体の両方にダメージを蓄積していきます。

それは目に見えない程度のダメージから始まりますが、やがて大きな病気の引き金になる可能性が高くなってしまうんです。

心理学の世界では、ストレスは軽減できるものであり、対処法が多ければ多いほど、ストレスに強くなることが示されています。

そのことから、少しでも多くのストレス対処法を自分の生活に合わせて準備していくことが、上手にストレスを解消していくために重要なんですね。

そうした数多くあるストレス解消法の中でも、「観葉植物」を部屋に置いておくことは、多くのメリットがあるので紹介します。

北ヨーロッパに位置するノルウェーで行われた研究によると、机の上に観葉植物を置いた従業員ほど、感じるストレスが低くなり、仕事の欠勤が少なくなり、さらに仕事の生産性も高まったと報告しています。

また、別の研究においては、観葉植物を前にした状態で作業した被験者は、作業効率が上がっただけでなく、幸福感まで増加したと言います。

こうした結果が起きた要因として、「観葉植物」が人間の自律神経に働き、心身のリラックスを促す「副交感神経」が活性化したことが挙げられます。

副交感神経が活性化すると、ストレス物質の分泌が抑えられ、身体の免疫システムが強化されたり、細胞の回復が促されたりといったメリットがあります。

つまり、部屋に観葉植物を置くだけでも、ストレスを低減する働きが期待できるということですね。

観葉植物はホームセンターや花屋などのほか、通販などでも取り扱っているので、好みのものを選んでみましょう。

 

面倒くさがりでも育てやすい観葉植物を1つあげるなら?

一言に観葉植物といっても、その種類は様々で悩んでしまいますよね。

ここではその中でも枯れにくく、育てやすい観葉植物を1つ紹介します。

それは「ポトス」です。

ポトスは一年を通して葉が緑色を保つ多年草で、日光や水が少なくても枯れにくい植物です。成長速度が早くてツルがどんどん伸び、切ってもまた生えてくるくらい生命力が強いのが特徴ですね。

僕もリビングで3年ほど育てているのですが、水やりは大体1週間に1回程度で良いですし、肥料を与えなくても元気に成長を続けています。

また、ポトスは1989年にNASAが行った観葉植物が空気を清浄化する働きを調べた研究において、ホルムアルデヒドを吸収する働きがあることがわかっています。

ホルムアルデヒドは家具、建築資材、壁紙を貼る接着剤などに含まれていて、目や気道などに刺激を起こすシックハウス症候群の原因となる化学物質です。

それがポトスをはじめとした観葉植物を置くだけで、「天然の空気清浄機」として利用することもできるんです。

ちなみに、ポトスには「永遠の富」であったり「華やかな明るさ」といった花言葉もあり、風水的な意味で好む方も多いようですね。

非常に育てやすい上に見た目も可愛らしいので、面倒を見ていると愛着が湧いてきます。

水やりを忘れて葉っぱがヘタっていても、水をあげるとみるみる内に元気を取り戻す姿も、植物の生命力の強さを感じられて良いですよ。

 

まとめ

現代人の病気リスクを上げるストレスは、日々の対策によって軽減することができます。

そのストレス対策法として「自然と触れ合う」ことは、多くの研究によって効果が示されています。

ただ、いきなり森の中に行くのもなかなか難しいものなので、まずは「観葉植物」などを身近に置くことから始めるのも良いと思います。

観葉植物を置くだけでも、ストレス低減、免疫力アップ、メンタル改善、生産性向上、部屋の空気清浄化などの効果が期待できます。

好みで選ぶのも良いですが、慣れない内は「ポトス」などの育てやすいものから始めてみるのがオススメです。

 

「ストレス」は様々な弊害を人体にもたらすため、大抵の場合が悪役として表現されます。

それではそもそもストレスは何のために存在するのか知っていますか?

ストレスが起こる仕組みを知っておけば、効果的な対処法に結びつけやすくなります。

ここからは別記事「そもそもストレスって何?良いストレスと悪いストレスを知っておくとメンタル強化に役立つよ!」をご参考ください!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
交替勤務12年以上の30代男。娘と息子の2児の父。 生活習慣を改善するために色々な本を読んだりしているうちに、普通の人に比べて夜勤者には習慣づけがむずかしいことを知る。 交替勤務を通して夜勤を行い、試行錯誤して良い習慣を身に付けるために奮闘中。 夜勤者目線での生活の工夫、学習法、読書法、健康法、筋トレなどについて語りたがっている。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 夜勤者に普通はむずかしい , 2019 All Rights Reserved.