世の中の夜勤者を全面的に応援するブログ!

運動と日光浴と森林浴を同時に!グリーンエクササイズで心身を鍛え直す

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
交替勤務12年以上の30代男。娘と息子の2児の父。 生活習慣を改善するために色々な本を読んだりしているうちに、普通の人に比べて夜勤者には習慣づけがむずかしいことを知る。 交替勤務を通して夜勤を行い、試行錯誤して良い習慣を身に付けるために奮闘中。 夜勤者目線での生活の工夫、学習法、読書法、健康法、筋トレなどについて語りたがっている。

どうも、夜勤者のyakiです。

長いこと交替勤務をしていると、必然的に夜勤の日数が多くなることから日光を浴びる機会がめっきりと減ってしまうわけです。

しかも、仕事中も室内にいることが多いと、運動不足に加えて日光不足といった状態が多くなるんですよね。

日光は、骨や筋肉の増強や精神安定にも関わる「ビタミンD」や幸福感や睡眠の質に関わる「セロトニン」の合成に深く関与しているため、日光不足は心身ともに病気のリスクを引き上げてしまいます。

以前に書いた記事「雑念を振り払って集中力を取り戻す!セロトニンで前頭葉を活性化させよう」では、セロトニン不足で脳のパフォーマンスが落ちてしまうことについてお話しましたが、そういったリスクを少しでも避けるために、できるだけ外に出る機会を増やすべきだよなぁ…なんてことを考えていたとき、せっかくなら一度の外出で多くのメリットを得る方法はないか考えていました。

そんな時にたどり着いたのが「グリーンエクササイズ」でした。

グリーンエクササイズとはなんなのかというと、「自然のある場所で運動をする」こと、ただそれだけです。

非常にシンプルなんですが、これが身体面にも精神面にもかなり有用なんです。

そんなわけで今回は、「グリーンエクササイズで得られるメリットとは?」と「グリーンエクササイズの目安時間は?」についてお話します。

 

グリーンエクササイズで得られるメリットとは?

グリーンエクササイズを行うと、必然的に「運動」「日光浴」「森林浴」の3つを同時に行うことができます。

これら1つ1つが、人間の健康状態を保つために重要で、大きなメリットをもたらしてくれます。

まず、「運動」には言わずもがな、筋肉を増強し、血行を促進してくれることにあります。

筋肉が大きくなれば基礎代謝が増えて太りにくくなりますし、血流が増えることで細胞に栄養や酸素が運ばれやすくなります。

そうすると血管や臓器にも良い影響が及び、病気になりにくく、疲れにくい身体づくりにつながります。

次に、「日光浴」の効果はなんといっても、セロトニンとビタミンDの合成を促す働きです。

どちらも人間のメンタルを安定させるために必要な物質であり、不足すると気分が落ち込みやすくなったり、やる気が湧かなくなってしまいます。

そのことから、精神的に強くなるためには、日光浴をすることは理にかなっているということですね。

最後に、「森林浴」にはストレスを減少させ、ストレスによる心身のダメージを癒す働きがあります。

ほかにも、自然の中には人体にとって有用な微生物も存在し、呼吸を通してそれらの微生物を取り込むことで腸内環境が整うとされています。

人間の腸には免疫システムの約70%が存在していることから、自然の中に身をおくことは身体の免疫機能を改善する作用があるんです。

ここではグリーンエクササイズの効果を「運動」「日光浴」「森林浴」の3つの観点からお話ししましたが、ここで述べた効果以外にも数多くのメリットが存在します。

現代人は自然との触れ合いがめっきり減ってしまい、その恩恵を受けにくい状態にあります。

公園に足を運んだり、通勤ルートに街路樹が多い道を選んだり。

とにかく日常の中で可能な限り、自然との接触時間を増やせる工夫が必要ですね。

 

グリーンエクササイズの目安時間は?

グリーンエクササイズが心身の健康に良いと言っても、それを行うこと自体がストレスになってしまっては意味がありません。

そこで気になるのが、どのくらいの時間行えばいいのかですよね。

今回参考にしたいのは、クイーンズランド大学が2016年に1538人を対象にして1年間追跡調査を行った実験です。

この実験では、公園などの自然にどれだけ接していたかを調べ、うつ病などの発症率との相関関係を調査しています。

その結果、一週間に一回、30分ほど自然の中で過ごすと、自然の中で過ごす習慣が無い人に比べて、うつ病の発症率が37%低下したそうです。

さらに、高血圧に関しても、症状が改善に向かったとのこと。

つまり、休日ごとに公園などの自然があるところを30分くらい散歩すれば、身体面でも精神面でも良い効果があるということです。

この他にも自然との触れ合い時間と健康面の相関関係を調査した研究は数多くあり、自然との触れ合い時間が増えるほど、心身の健康において良化していくことが報告されています。

そのことから、まずは一週間に一回の公園での散歩から始め、効果を高めたければグリーンエクササイズの時間を延ばしたり、より自然の多い場所に身をおくことを意識していきましょう。

 

まとめ

グリーンエクササイズでは、「運動」「日光浴」「森林浴」の3つのメリットを同時に得ることができます。

最近の行動を振り返ってみて、自然の中に身を置いた記憶がない場合、そのメリットは計り知れないほど大きくなります。

身体面だけでなく、精神面での強化にもつながるので、積極的に実践してみてくださいね。

 

それでも、いきなりグリーンエクササイズを始めるのはちょっと敷居が高すぎる、という場合もありますよね。

そうした場合には、「観葉植物」を部屋に置くことから始めてみるというのも良いです。

なぜなら、観葉植物を置くようにしただけでも、主観的なストレスが低減したり、生産性が向上したという研究結果なども存在するからです。

ここからは、「観葉植物を置くだけでストレスが下がる?育てやすい観葉植物を紹介したい」を参考にどうぞ!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
交替勤務12年以上の30代男。娘と息子の2児の父。 生活習慣を改善するために色々な本を読んだりしているうちに、普通の人に比べて夜勤者には習慣づけがむずかしいことを知る。 交替勤務を通して夜勤を行い、試行錯誤して良い習慣を身に付けるために奮闘中。 夜勤者目線での生活の工夫、学習法、読書法、健康法、筋トレなどについて語りたがっている。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 夜勤者に普通はむずかしい , 2019 All Rights Reserved.