世の中の夜勤者を全面的に応援するブログ!

夜勤者が食物繊維を増やしたらお通じが改善したという話

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
交替勤務12年以上の30代男。娘と息子の2児の父。 生活習慣を改善するために色々な本を読んだりしているうちに、普通の人に比べて夜勤者には習慣づけがむずかしいことを知る。 交替勤務を通して夜勤を行い、試行錯誤して良い習慣を身に付けるために奮闘中。 夜勤者目線での生活の工夫、学習法、読書法、健康法、筋トレなどについて語りたがっている。

どうも、夜勤者のyakiです。

夜勤をすると便秘になりやすくなる。

夜勤者は病気にかかりやすい。

まことしやかにウワサされていることですが、僕の体験から言っても事実ではないかと思います。

僕の場合、普段の生活サイクルの中では便秘になることはありませんが、夜勤のシフトに切り替わった途端、腸の活動が悪くなることが多々としてあります。

夜勤で生活サイクルが乱れることで排便のタイミングが思いっきりずれますし、ホルモンバランスや自律神経などの影響も大きいことから、病気や便秘のリスクが高まったとしてもおかしいことではないと感じているからです。

そんなわけで、夜勤をすることによって受ける身体へのにおいての健康ヨーグルトや納豆などの発酵食品を増やすなどの対策をして、それなりに効果が出るように

ていたのですが、ふと食物繊維の働きについて学びがあったことから、摂取量を増やしてみることにしました。

食物繊維の摂取量を増やした結果、腸の活動が過去最高クラスとなったので、ちょっと食物繊維のことを紹介しておこうと思います。

そんなわけで今回は、「夜勤者こそ食物繊維をとるべき理由」についてお話します。

 

食物繊維とは?

食物繊維は人間が消化・吸収できない食品のことを言い、「水溶性食物繊維」と「不溶性食物繊維」の2つに分類されます。

一般的に水溶性食物繊維は、ヌルヌルした食品やネバネバした食品に多く含まれ、体内で水分に溶け込みながらゼリー状になっていきます。

その性質によって、栄養や糖分の吸収スピードを遅くして血糖値が急激に上昇するのを抑えたり、余分なコレステロールや脂肪分を吸着して体外に排出することを助けてくれます。

対して不溶性食物繊維は、野菜や果物などの繊維質な食品に多く含まれ、体内の水分を含むことでその容積を大きくしていきます。

そのことで便の量がかさ増しされ、腸を刺激することから排便が促されたり、不要な物質を吸着して排出してくれます。

また、食物繊維は人間には消化できませんが、腸内細菌によって分解されます。

つまり、腸内細菌のエサとなることで、腸内環境が良くなるということです。

 

夜勤者こそ食物繊維をとるべき理由

夜勤を含むシフトワーカーは、不規則な生活リズムなどが原因となって病気のリスクが高まるとされています。

そのことから、日中に仕事をしている人よりも特に健康に気を使う必要があると言えるんです。

夜勤者が健康を気遣う上で役立つのが、これまでに紹介している「食物繊維」です。

2015年に中国のPLA病院が180万人分のデータを分析した結果、食物繊維の摂取量が多い人ほど、早期死亡率やガンの発症率、炎症を伴う病気のリスクも低減することがわかったようです。そのデータによると、食物繊維の摂取量が一日あたり10g増加する毎に、早期死亡率が11%ずつ減少していくと報告しています。

食物繊維はその性質上、体内への余分なもの(糖や脂肪など)の吸収を抑えたり、有害なものを排出する働きがあります。また、腸内細菌のエサとなって、ビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌が増えることで悪玉菌の増殖が抑えられ、腸内環境を整えてくれます。そうした働きが体内で行われることによって、病気のリスク低減に役立っているようですね。

健康に良い成分というとタンパク質やビタミンなどの有名な栄養素に目が行きがちですが、まずは食物繊維を増やしてみるという選択肢をとることも良いと思います。

 

まとめ

体調が崩れやすい夜勤者にとって、健康管理は最重要課題の1つだと言えます。一概に健康管理といっても様々な方法がありますが、病気へのリスク対策として、まずは食物繊維の量を増やして便秘を改善してみる、というのも良い方法ですね。

その理由は、便秘によって体内に長くとどまった便は、有害な毒素を発生させたり、腸の活動を弱める悪玉菌を増加させ、身体にとって多大な悪影響を及ぼしてしまうからです。

食物繊維は、野菜、海藻、果物、キノコ類などに豊富に含まれているため、積極的に食べるようにしていきましょう。

ほかには、難消化性デキストリンやダイエタリーファイバーなどの名称で、ドリンクやスープなどに溶かして飲む粉末タイプの食物繊維も安価で販売しています。ちょっとした時に手軽に食物繊維を摂取できるので、野菜などの食品を増やすことが困難な場合には、そうした商品を活用するのも良いと思います。

 

  • ↓ヨーグルトや納豆などの発酵食品に関する記事もまとめています。

夜勤をしてるならヨーグルトなどの発酵食品を食べると良いかもという話

夜勤前に納豆を食べておくと病気のリスク低減に良さそう

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
交替勤務12年以上の30代男。娘と息子の2児の父。 生活習慣を改善するために色々な本を読んだりしているうちに、普通の人に比べて夜勤者には習慣づけがむずかしいことを知る。 交替勤務を通して夜勤を行い、試行錯誤して良い習慣を身に付けるために奮闘中。 夜勤者目線での生活の工夫、学習法、読書法、健康法、筋トレなどについて語りたがっている。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 夜勤者に普通はむずかしい , 2019 All Rights Reserved.